オンラインマーケティングにおける「応接」の重要性
> > > オンラインマーケティングにおける「応接」の重要性
2015年3月 2日

今一度、自社サイトの情報発信内容、方法や、接客に関して向き合ってみましょう。きっと、その改善が大きな成果を産みだします。

オンラインにおけるマーケティングの問題は、相手と実際に会うことなくコミュニケーションを進めることでしょう。
オンラインショップで商品を購入する際にも、触れない、実物を見ることができないなどの不安があります。
B2Bにおいても、認知していない企業へのファーストコンタクトは緊張します。

それでも、オンラインマーケティングは加速し続け、2013-14年間における市場規模は、B2Bで4.4%増、B2Cで17.4%増と言われています。

オンラインマーケティングを成功させる秘訣は、「応接」にあります

オンラインマーケティングにおける「応接」の重要性

オンラインコミュニケーションにおける不安を払拭するためには、詳細な情報の提供は欠かせません。

商品のユーザレビューや、FAQは購入する側にとってとても重要です。
企業情報だけではなく、直近のアクティビティを掲載することで、状況を理解できます。

これら情報発信とともに、問い合わせへの対応をしっかりと行うことが大切です。
情報発信とは、ユーザーニーズに対応することであり、すなわち「応接」なのです。
その応接が、良質なブランドイメージを創り上げます。
これは、説明するまでもなく、良い応接を行う企業は信用が高いというのは客観的にみてわかることです。
店舗やショールームなどにおける接客をオンラインでも実践することで、マーケティングの成功につながります。

弊社のクライアントであるランドセルメーカーも、応接を重視することで、商品だけではなく接客に対する賞賛レビューを多くいただいています。

オンラインマーケティングにおける「応接」の重要性

皆さんも、お客様からこんなメッセージを頂きたくないですか?

今一度、自社サイトの情報発信内容・方法や、接客に関して向き合ってみましょう。
きっと、その改善が大きな成果を産みだします。

関連情報

Webに留まらず、様々なマーケティングの事例・トレンド情報

Webマーケティング、オウンドメディア構築、ブランディング、PR活動をはじめとするアンチェイン業務事例

お知らせや、クライアントのリリースを掲載

アンチェインの業務スタイルや事業コンセプトを中心としたブランドアイデンティティを紹介します。