Web制作・運営事例 動画ポータルサイトの構築~運営
> > > Web制作・運営事例 動画ポータルサイトの構築~運営
2010年12月20日

静止画や文章だけでは伝わらない、音やリアルな質感などを伝えるには動画配信を活用したポータルサイト構築・運営の事例となります。

Web制作・運営事例 動画ポータルサイトの構築~運営

動画ポータルサイトの構築~運営

■ 動画コンテンツ配信からアンケート収集へのフローを実現
■ CMS連動による管理・運営の合理性の実現

回線速度、PCシステム環境の向上により、インターネットにおける動画配信は日常のものとなりました。
YouTubeを始めとするFLASHメディアによる動画配信が最も一般的となり、本ケーススタディにおいてもストリームサーバーを使用したFLASHメディア配信を実現しています。
動画制作においては、映像制作会社様へお任せすることでクオリティの高い番組を配信することができました。

動画ポータルサイトの構築~運営

【ストリームサーバー】

様々なストリームサーバー配信業者が乱立する中、FLASHメディアを低価格で取り扱い、変換や管理などに優れている業者様を選定しました。
選定にあたっては以下の基準を重視しました。

ストリームサーバーシステムにおける視聴数と来訪者数(ユニーク数)から、どのようなコンテンツがどのくらいの割合で閲覧に結びついたか?などの調査をレポートとしてまとめていきました。
また、視聴者からのコメントを求めることでアンケート収集に繋がり、マーケティングデータのレポーティングも同時に行うことができました。

【CMSと動画コンテンツを連動】

CMSによるコンテンツ配信を実現することで、スマートな運営につなげました。
また、コンテンツ毎のカテゴライズやプライオリティを「フラグ」という概念において整頓し、INDEXの自動整頓を実現しました。

多くのコンテンツが存在する場合、このような整頓は非常に重要で、同時に発生してまう「手間」をCMSが解決してくれます。
合理的な運営を実現するためにはCMSは不可欠な存在です。
CMS管理画面上から通常コンテンツを配信するのと同じように、エンベッドタグを挿入するだけで、簡易な動画配信を実現しました。

CMSと動画コンテンツを連動

【動画コンテンツの重要性】

本ケーススタディ以外にも、動画コンテンツを活用した事例はいくつもあります。
例えば、ECサイト販促における動画の訴求は、静止画や文章だけでは伝わらない、音やリアルな質感などを伝えるには動画は不可欠な存在と言えます。
制作にかかるコストが負担と言えますが、それ以上の費用対効果が想定できる動画配信は、様々な活用ができるでしょう。

今後は3D動画など、より多様なスタイルが生み出され配信されていくことが予測されます。
ますます重要性を増す動画コンテンツを、効果的にプロモーションへと組み込むことが必須となります。

本ページは2010年12月20日に投稿されたものです。

業務内容/総合プロデュース, コンサルティング・企画, ウェブサイト構築, プログラム開発, ブランディング, マーケティング・PR活動, その他: 動画制作,動画配信

関連情報

Webに留まらず、様々なマーケティングの事例・トレンド情報

Webマーケティング、オウンドメディア構築、ブランディング、PR活動をはじめとするアンチェイン業務事例

お知らせや、クライアントのリリースを掲載

アンチェインの業務スタイルや事業コンセプトを中心としたブランドアイデンティティを紹介します。