情報資産のコンテンツ化
> > 情報資産のコンテンツ化
2016年9月30日掲載

コンテンツを開発する際に必要な情報資産のまとめ方とその際に生じる問題点をご紹介します。

情報資産をまとめる

情報資産とは、企業が持つ歴史、実績、商品、サービス、人材を指します。これらを他社との差別化を考えたコンテンツ発信を行うための情報整頓を行います。

情報資産をまとめる

ユーザーニーズを知り、応える

ユーザーの範囲は、顧客にとどまりません。
スタッフ、リクルーター、株主、メディアなどステークホルダは多く存在します。
これらユーザーのニーズを対象毎~総体的に知ることで、発信する情報が決まってきます。

ありきたりな企業概要や、一方的な情報発信ではなく、ユニークな情報を求めていることがわかるでしょう。
ユーザーニーズを中心に、御社のスペシャリティは形成されます。

ユーザーニーズを知り応える

情報資産整理に時間のかかる理由

情報資産の整理には、時間と労力がかかります。以下がその理由となります。

情報資産整理に時間のかかる理由

情報資産のコンテンツ化 BtoC 事例

情報資産をユーザニーズにマッチさせてコンテンツ化した事例となります。

情報資産のコンテンツ化 BtoC 事例

情報資産のコンテンツ化 BtoB 事例

情報資産をユーザニーズにマッチさせてコンテンツ化した事例となります。

情報資産のコンテンツ化 BtoB 事例

次ページ - コンテンツ制作と効果測定について

前ページ - オウンドメディアとは?

関連情報

  1. 弊社では、様々なスタイルと意見をもって、皆様のデジタルマーケティングへの取り組みを応援します。必要なこと、不必要な活動をしっかりと見極め、本来の業務をしっかりと行いながら、実践できる施策をご提供します。