オウンドメディアとは?
> > オウンドメディアとは?
2016年9月30日掲載

オウンドメディアは、コンテンツマーケティングから派生した情報発信スタイルです。企画、構築、運営に必要な要素をご紹介します。

WebサイトやSNSなど自社で運営するメディアを保持しているなら、それは御社が自在にコントロールできるメディアです。すなわち「オウンドメディア」です。
今や、その「オウンドメディア」を活用しないことは、全てのマーケティング活動に機会損失を与えていると考えてよいでしょう。

オウンドメディアを運営する際のユーザ閲覧環境に応じた最適な方式とは?

BtoC事業を行う企業Webサイトの来訪者のおよそ50%以上がファブレット(スマートフォンなど)による来訪になり、BtoBでは18%以上を占めると考えてよいでしょう(2015年11月調査)。 Facebookアクティブユーザーの86%がスマートフォンを利用しているという結果(2015年11月調査)も出ています。 上記から、Webサイトのマルチデバイス対応は必須条件となります。

オウンドメディアを運営する際のユーザ閲覧環境に応じた最適な方式とは?

オウンドメディアに最適なマルチデバイス対応 レスポンシブデザイン

レスポンシブデザインは、HTML5及びCSS3の登場と、モバイル回線速度の向上により、一般的な利用が可能となりました。 パソコン閲覧時と同様の情報を最適化された形で配信することで、全てのユーザーに対する情報配信内容を均等化することを実現しています。 また、1ソースでマルチデバイスに対応することは、将来的に支持を受ける新たなデバイスの登場への対応や、運営負担の軽減にもつながります。

情報資産を加工する

オウンドメディアは、自社ブランドにマッチした内容を配信する必要があります。
更新頻度は最低でも2週間に1度程度は必要となり、同時にユーザにとってメリットのある内容を配信し、アクティビティを向上させることも大切です。 これは、リソースや情報加工の技術などを考えると最も難しい作業といえます。
まずは、御社の保持する様々な情報資産を加工しコンテンツ化する作業から開始する必要があります。

次ページ - 情報資産のコンテンツ化

前ページ - コンテンツマーケティングとは?

関連情報

  1. 弊社では、様々なスタイルと意見をもって、皆様のデジタルマーケティングへの取り組みを応援します。必要なこと、不必要な活動をしっかりと見極め、本来の業務をしっかりと行いながら、実践できる施策をご提供します。