コンテンツ制作と効果測定について
> > コンテンツ制作と効果測定について
2016年9月30日掲載

コンテンツマーケティングは、ユーザーニーズに応えるために、1つ1つの情報を正確、詳細、シンプルに発信し、常に効果測定を行うことによる改善を実施することが大切です。

コンテンツマーケティングの制作に関する合理性を高める

コンテンツマーケティングは、ユーザーニーズに応えるために、1つ1つの情報を正確、詳細、シンプルに発信し、常に効果測定を行うことによる改善を実施することが大切です。

制作の合理性を高めるスタイルテンプレート

Webサイト上で表現可能なスタイル一覧を開設することで、指示する側が理解と、「実現可否」の判断と、指示する際のテンプレートとして利用できます。

指示する側が、このレギュレーションに存在しない内容を求めることで、制作に時間がかかります。

Web用CIを明確化する

ロゴ、文章など、あらかじめ決められた内容を定義し、文字の揺らぎやコンセプトのゆらぎを防ぎます。同時に、制作者向け、メディア向けの資料として利用が可能です。

公開可能な内容は、「プレスルーム」などを設置し、いつでも閲覧やダウンロード可能な状態にすることで、スタッフ、外部スタッフ、メディアなどとのスムーズな情報のやり取りが実現できます。

ディレクションテンプレート

スタイル一覧と同様に、ページ構成の指示をする際に必要なサイト状況の把握と、レイアウト指定を合理化するためのテンプレートを用意します。

Web制作に携わる人ならばこれを「フローチャート」などと呼びますが、より簡易に最低限の状態を理解できる内容で十分です。
これは同時にID/PASSワードの管理も行っていくことになります。

システムのマッシュアップによる低コスト開発・運営

一部機能を、無料や安価のツールを活用することでコンテンツ制作・運営にコストを回すことができます。

中小零細企業において、限られた予算の中で高いパフォーマンスを残すには、「コンテンツに重点を置く」ことを推奨しています。

CRMやCMSなど必要なものと安価なもので賄うことが可能なものを精査し、少しでも費用対効果を高め、ゆっくりとレベルアップしていくことが重要です。

サイト状況の把握と改善ツール

Webサイト状況を常に把握することで、最適化にむけた「理由」を明確化できます。分析による結果は、担当者、意思決定者のコミュニケーションを合理化します。

ただし、ツール自体の使い方や評価をすることは専門家に任せることを推奨します。
これは、過去の経験値から間違った評価と、予測を含まない結論を多く見てきたからです。
プロを雇う予算がない場合は、以下のポイントだけでも理解していきましょう。

次ページ - Webプロモーションについて

前ページ - 情報資産のコンテンツ化

関連情報

  1. 弊社では、様々なスタイルと意見をもって、皆様のデジタルマーケティングへの取り組みを応援します。必要なこと、不必要な活動をしっかりと見極め、本来の業務をしっかりと行いながら、実践できる施策をご提供します。